戻りについて

整体やマッサージを受けた後、何日か調子良かったり、もしくはすぐ痛みが戻ったり、色んな場合があると思います。

そもそも、なんで戻るのか?
そう言った事を考えていきたいと思います。

 

恒常性の話し

恒常性(ホメオスタシス)という機能が人間に備わっています。
恒常性が何か?って事を簡単に説明すると

 

気温等の外部環境が変わっても身体の中を一定に保って生命を維持する機能

 

となります。
夏でも冬でも外的環境は変わりますが、身体の内部は一定に保つって生きていくために必要な機能です。

他にもわかりやすい例えだとダイエットの場合があります。

ダイエットとか結構やり初めはすぐ体重が落ちたりしますが、
多くの人が停滞期って言うのを迎えます。
この時っていうのが恒常性が強く働いてると考えられます。
今まで高カロリーで生活していたものが、カロリーが制限されて行く、生命を維持する為に、低いカロリーでも動けるように身体を維持しようとしています。

わかりやすく言うと、

良い方向に変化するにも、
身体は今ある状態から大きく変化することに抵抗するのです。
なるべく今の状態に戻そうとする力が働きます

で、身体の痛みが生じた時の戻りについても同じことが起きます。

 

その痛みを身体に抱えてきた期間によって違いますが、

血液の流れを悪くしているコリ
このコリが慢性化してしまい、それがあるのが普通の状態になってしまっていたら?
身体はそれがあるのが普通(通常)になってしまっているので、
例え不健康な常態でも、その通常の状態に戻ろうと働いてしまう

 

ということです。
これが戻りが起る一つの原因であるとも言えます。

 

 

 

原因が他にある

身体はやっぱり全体が影響しあっています。
なので痛い部分に原因があると言うことが少なかったりします。
確かに痛い部分を触れば少しは楽になります。

筋肉の話で言うと、

凝っている部分を触って緩めても、他に何処か引っ張ってる原因があると、
そこを解決しない限り、
また同じ所にコリが生じて痛みが出てくると思いませんか?

やはり整体の仕事やっているので色々とやっていて気付くことがあります。

ここ触ってても何も変わらないな

って経験的にわかります。
やはりこれも痛みを抱えた期間が長ければ長いほど、あちらこちらに影響しあってしまっているので、本当に難しくなっている場合が多いです。

 

自分で努力することも大事です

整体で一時的に色々と緩めることは出来ます。

でも、基本は身体は元に戻ろうとします。

じゃあどうすれば良いか?

自分でしっかり、

こっちが正しい身体の在り方なんだ

ってしっかり脳で認識させてあげる事です。
わかりやすく言えば、姿勢です。
整体を受ける事で良い姿勢が取りやすく変わります。
何もしてないと良い姿勢を取ろうとしても難しかったり痛かったりします。

その楽に取れる間に、しっかりその状態を認識させる

これは自分でしか出来ないことなんですね。
私達も良い姿勢を教えることは出来ます。
でも、良い姿勢を身に着けさせる事は出来ません。
それは本人にしか出来ません。

やっぱり努力は必要です。

長年身体を痛めつけていたのも自分、なら時間をかけて治していくのも自分です。