頭痛

整体の仕事上見てきた中で、特に女性に多いです。
頭痛になってしまえば、ひどい時等動けなくなる事もあります。
頭痛だと思って簡単に考えないほうが良いです。
頭痛が起ると言うことは身体が何かのサインを発していると取るべきです。

頭痛にも種類があります

大きく分けると

片頭痛 脳の血管が広がって痛む 

緊張性頭痛 頭の周りの筋肉が緊張して痛む

 

片頭痛と言うと、片方の頭が痛むと思っている人が多いと思いますが、実は違ったりします。
主にはストレスが原因となると言われています。

緊張性頭痛は、肩こり等が原因で起こる頭痛だと言われています。
簡単に言うなれば、

肩が凝った事で、血流が悪くなり、頭に流れる血液の流れが悪くなるので頭痛になります。

 

 

何かしらサインはあったはず

私が思うに、頭痛になる前に何かしら身体のサインがあったと思います。

・肩が凝って(だるくて、重くて)どうしようもなかった
・めまいや立ちくらみがひどかった

人にはちょっとした事で、大丈夫!と思うかもしれません、でもそう言ったサインを見逃す事で頭痛に繋がります。

 

薬に頼ることも必要

 

実際、世の中には頭痛薬も出ています。
私自身としては、極力頼らない方が良いと思いますが、対処療法も大事です。
必要に応じて飲むべきだとは思います。

基本的に薬というのは、根本的な治療になるのではなく、痛みを抑えるだけの場合が多いからです。
特に緊張性頭痛の場合、肩こりとかが原因だったりすると、

痛みを抑える

それで肩こりが緩和されるわけではありません。
痛み止め飲んで休んでたら痛みがひいた

という話もありますが、痛み止めを飲んで、身体を休めたからそうなった可能性も高いのです。

それにやはり、薬というものは副作用もあります。
特にこういった頭痛薬等は胃に負担が来てる人が多いと感じます。

 

それに薬ばかりに頼り続けてる人もいますが、

頭痛薬が効かなくなったから整体に来た

と言われる人もいました。
そう言われる人はもう、首も肩も大変な事になってる人が多かったです。
身体を大事にして欲しいから私としては寂しいです。

 

頭痛を引き起こしにくくする為に

姿勢・適度な運動・生活習慣・ストレスを溜めない事

これが大事になると思います。
今でこそ、どうやったら健康になれるか?
という事は日々研究されています。
そして、そういった情報からみなさんも何をすれば良いのか?知ってるはずです。

何も努力無しで健康は手に入らないと思います。
結局はやるか?やらないか?
その違いだけです。

本当に身体を健康にしたい!

その思いだけがあなたの身体を健康に導いてくれるものです。