色々な話もありますが、自分の体感として瞑想は

集中→瞑想

と言った流れになります。

呼吸や音に集中する

そこから入ります。
そうやって何かに集中していたら、意識が飛んでたり、集中していたのに何もしてなかったり、もしくは寝てたり、そんな状態に入っていきます。

これはやっていくうちに起こる事なのでやるしかありません。

でも、そこに入ることが出来たなら、瞑想がより楽しくなってきます。
瞑想がとても気持ち良いものになっていきます。

瞑想は身体感覚で身に付けるものです。
すぐに出来るものでもありません。地道にやるしかありません。

続けていくうちに、目をつむってただただ起ることが楽しめるようになります。瞑想の
楽しんでいるわけでもありませんね。
ただ事象が起きては消えていくだけの世界です。