瞑想すると、どのような効果があるのか?

様々はメリットが上げられています。
科学的に調べた研究結果も多いようです。

 

●科学者達が瞑想の秘密を調査

(Scientists probe meditation secrets:4月1日英語版配信分)
Source: http://news.bbc.co.uk/2/hi/health/7319043.stm
By Naomi Law

瞑想が脳の構造を変化させることを示す証拠が存在する。
科学者たちは、瞑想が脳に明白な影響を与えること示す証拠を発見し始めている。

このことに懐疑的な見方を示す人々は、現代生活からもたらされるストレスに対処しようとするには、実用的な方法ではないと主張している。

しかし、肯定的な人々が信頼を置くその技法を支持する自然科学に対して、人々の目を向けさせことができなかった長い年月にも、ついに終わりのときがやって来ようとしている。

キャロル・カトレイさんはご主人が亡くなったとき、十代の頃以来おさまっていた鬱症状を再発させてしまった。

「すぐにでも死にたい気分でした」とする彼女は、「それ以外には何も考えられなかったのです」と話す。

キャロルさんは医療の助けを求め、認知行動療法[Cognitive Behavioural Therapy]と呼ばれる薬物治療と心理療法を組み合わせたもので、その鬱状態を何とか抑制した。

しかしながらおもに瞑想で構成されているマインドフルネス認知療法[Mindfulness Based Cognitive Therapy](MBCT)と呼ばれる徐々に人気を集めている新しい医療法が、彼女の完全な回復をもたらすこととなる。

現在、イギリス中のどの州でも受けることができ、国民健康保健の適用が可能となっている。

MBCTの草分け的な人物の一人に、オックスフォード大学精神医学部のマーク・ウィリアムズ教授がいる。

彼が指導を務める8週間にわたるグループコースでは、瞑想が80%、認知療法が20%の方法をとっている。

▼新たな展望

「問題を考察し、それらをしっかりと観察する方法を教えますが、必ずしも解決したり解明したりしようとするわけではありません」とする彼は、 「それらがポジティブなものであれ、ネガティブまたはニュートラルなものであれ、すべて考えていることはただの思考なのだと気づいてもらえるよう、 皆さんに提案するのです」 と述べる。

MBCTは、現在は落ち込んだりしていなくても、過去に3回以上の鬱状態を経験したことのある人々には推奨されている。

試験データでは、このコースによって 
うつ病のように思われる状態が50%以上減少されることが示されている。

ウィリアムズ教授は、さらなる研究がまだ必要であると考えている。

「非常にすごい勢いで人気が広まっており、実際に効果を上げていることを確認するための証拠を様々な方法で収集する必要があります」

しかしながら、その間にも瞑想は、困難で非常に現代的な難問に取り組む方法として真剣に受け止められている。

科学者たちは現在、とくに自殺の危険性を抱えたり、薬物の乱用による影響に苦しんでいる人々のために、他にどのように瞑想を適用し得るか、調査を進めているところ である。

▼瞑想とは何か?

~   省略  ~
瞑想肯定派の主張は、免疫力の向上、喘息の改善、老化現象の抑制による生殖力の向上などに及んでいる。

▼限定的研究

瞑想を対象とした研究には限界があり、ほとんど結論には至り得ない。というのも、一つには、瞑想だけが切り離されることはほとんどなく、ダイエットや運動、あるいはグループセラピーの一部など、生活スタイルを変える他のものと一緒に実践されることが多いからである。

だからといって、いんちき療法として簡単に片付けるべきなのだろうか。神経科学の分野で行われている数々の研究では、そうすべきではないことが示唆されている。

新しい研究分野ではあるが、興味のそそられる結果が示されており、瞑想が脳へかなり強い影響を与える可能性があるという。

マサチューセッツ州のボストンでは、数年間にわたって瞑想を続けている人たちの脳を分析するために、サラ・ラザー博士がMRIと呼ばれる技術を用いてスキャンを行った。

彼女は、経験を積んだこれらの実践者たちと、これまで一度も瞑想を行ったことのない人たちの脳を比較し、感情の処理に関わる領域を含めた脳皮質の一定領域の厚みに相違があることを発見している。

現在も研究は続行されているが、瞑想が脳に対して物理的形状の変化を引き起こしたと彼女は考えている。

▼僧侶

ウィスコンシン州マディソンのリチャード・ディヴィッドソン博士は、数年間にわたって僧侶を対象に研究を行っている。

彼の個人的な見解では、 「瞑想を行うことによって、より幸せになることができ、もっと効果的に集中することができ、それにかなった様々な方法で脳を変化させることができる」 と考えている。

ある研究で彼は、事務職の労働者たちを対象に、彼らがストレスを低減させるテクニックとセットになった瞑想コースを受ける前後の脳を観察している。

このコースの終了時における参加者たちの脳は、機能面において変化が見受けられた。

以前、ディヴィッドソン博士が幸福や熱中などの特性と関連があるとした左脳側に、より活発な活動が示された のである。

たとえ精神的な病と闘っていなくとも、瞑想が誰もの幸福状態を改善し得る という考えは、研究者たちを興奮させているだけの意味あるものだ。

ウィリアムズ教授は、非常に大きな可能性を秘めていると考えている。

「期待と向き合うことに関係しています。絶えず自身を批判し、十分に満たされているとは感じていないからです」

「そして、それは私たちの社会に非常に蔓延しています」

「これらの事柄は全てただの考えでしかありません。彼らは瞑想へと辿り着き、それらは考えなのだと認めることを学び、それらを解放します。誰もが 途方もない力を持ち得るのです」

もちろん、今回の研究がむだに終わり、瞑想への関心が一時的な流行となる全く別の可能性は存在するが、今のところ、この古代から伝わる訓練法は、 我々一人ひとりがさらに幸福でより充実するための可能性を秘めたツールとして、科学者たちによって真剣に取り上げられている。

僕もかつては瞑想をやりながらこういった科学的証拠が出てくるのが嬉しかったものです。感謝
一時は、みんなが瞑想すれば世界が変わると思いました。
瞑想こそが世界を救う道だとも思いました。
今でも、瞑想はそれふるパワフルで効果的という考えは変わっていません。
ただ、瞑想だけでは辿り着けない場所があるという事も今はわかります。

だからと言って、無駄になるものではありません。
とっても有効なものです。
だから喜んで瞑想を教えていきますよ