病気の原因は感情を抑えること?

感情を抑えると良くないって言われます。

実際、感情を抑えすぎるとどうなるか?

 

病気になります

人によっては鬱になります

 

感情って自然に起るものです。感情もエネルギーです。

多くの人が抑えてしまう感情が怒り悲しみだと思います。

怒っているのに怒ってはいけないって怒りを抑えようとすると、その感情は行き場をなくしてしまいます。

行き場を無くした怒りは、身体に溜まるしかなくなります。

それが身体を巡るエネルギー(気)の流れを悪くします。

 

中国に伝わる陰陽五行でも、この事がわかります。

どの感情がどの経絡の流れを悪くするかを説明してあります。

(これも後日書きます)

 

それが溜まるばかりで蓄積するばかりだと、どうなるか想像出来ませんか?

 

感情を受け入れましょう

では、どうしたら良い?

 

湧き上がる感情を素直に受け入れましょう。

 

あ、私、今怒ってるんだな。

こんな事言われたら、悲しいんだな。

 

感じるだけで違います

社会生活を行う上で、その感情をぶちまけたら問題になる場合は当然あります。

でも、普段から抑えてる人は良識の範囲でコントロール出来ます。

1人になった時に、その感情を出して下さい。

 

海に叫んでも良いし、枕を叩いても良い

 

素直に出し切りましょう。

これだけでも随分楽になるものです