世の中には様々な呼吸法があります。

大きく分けて、胸式呼吸と腹式呼吸です。

丹田呼吸法とかの言葉もありますが、基本は腹式呼吸が勧められています。

そして、経験から腹式呼吸の方が良いと思います。

なぜ腹式呼吸が良いのか?

普段あなたの意識って何処にあると思いますか?

頭とか胸とかって思う人が多いんじゃないでしょうか?

そもそも考えたことが無いって人もいるかもしれません。

でも、身体の上部って言われて、確かに!って思えるのではないでしょうか?

 

基本的に日常生活している中では、交感神経優位になります。

交感神経は「活動している・緊張している」時

副交感神経は「休息している・リラックスしている」時に働きます

興奮したらどうなります?

頭に血が上ると言うように、上に上に気が行ってしまいます。

 

なので、

腹式呼吸をして、意識を下に降ろしましょう

と、言うことです。

強制的に副交感神経優位にしてリラックス出来ます

 

 

腹式呼吸のやり方

丹田を意識するとか、色々な話がありますが、

単純明快に、

横隔膜を動かすこと

 

とは言っても。横隔膜の動かし方なんてわかりませんよね?

 

吸う息でお腹を膨らませて

吐く息でお腹をへこませる

 

実に簡単です。

そしてポイントは

 

ゆっくりと呼吸すること

 

まずは、息を吐くことからです。

吐ききらないといっぱい吸えません。

まず吐ききってから吸います。何秒とか気にしなくて良いです。

そして吐く時

身体の力も一緒に抜くイメージをしましょう

 

これを3回ぐらい繰り返すだけで随分違います。

気分も変わります。

呼吸法を取り入れて心の持ち方を変えてみませんか?