しもやけ

 

私自身がしもやけで長年悩んでいました。
男なのにしもやけ?って思う人もいるかもしれませんが、結構ひどいんですよね。
しもやけの辛さなんて実際なった人じゃないとわからないと思いますけど、

あの暖かくなった時の痒さって半端ないですよね。

私は東広島って温暖差が半端ないところに住んでいます。
冬の晴れた日の朝の放射冷却は本当すごいんです。
寒いとかじゃなくて風が痛いって本当びっくりする地域です。

かといって昼間は結構温度も上がるので、この温暖差がしもやけの一番の原因になっている事は間違いありません。

 

私は大学時代松山に住んでいましたが、本当比べ物にならないくらい暖かくその時はしもやけとは無縁でしたからね。

 

 

整体の視点でしもやけの原因を見てみると

 

結局しもやけになるって言っても原因なんて簡単に言ってしまうと

 

指先(末端)への血行不良

 

って簡単に片付いてしまいます。
私も辛いからって患部に薬塗ったりもしてましたけど、結局それって対処療法なんですよね。
根本的には何も解決していない。

 

整体(身体の健康)を扱っているのに、自分自身が霜焼けを改善出来ないのは悔しくて、本気でしもやけに取り組んでみました。

 

まずしもやけを観察してみます。

 

初めは足の指から

 

しもやけになる指とならない指がはっきり分かれていました。
逆に言うと、体質とか内臓の原因とは一概に言えない証拠です。
本当にそれならすべての指が均等にしもやけになるのが普通だと思います。

そうではないという事で、足の指一本一本の動きをみていきます。

動きの悪い指・つまんで痛い指

が、しもやけになっていました。
逆に言うと、動きをよくすればしもやけから解放されるとも考えられます。

 

暇さえあれば、1時間おきに30回ぐらい指を回すといった事をしばらく続けてみました。

結果・・・・

 

足のしもやけからほぼ解放されました(笑)

 

まだ少しだけ残っている部分がありますが、実際そこはまだ動きがちょっと悪い。
結局、とてもシンプルな方法でしもやけって治るって事がよくよくわかりました。

 

手の指のしもやけ

左手と右手で大きく違います。
原因はわかっています。

去年の冬に右手を骨折したからです。
去年までは左手の方がひどかったのですが、今年急に変わったので間違いありません。

ちなみに去年右手は骨折して、手袋も何も出来なかったのですが、骨折して熱をもっていたためしもやけに全くなりませんでした。本当面白いものです。

 

というわけで、手のしもやけも同じように血行をよくすればしもやけにが治るに違いないと今やっているところです。
ただ骨折で損傷した筋肉の影響が大きすぎて、簡単にはいっていません。

また治りましたら改めて報告致します。